『葵ちゃんはやらせてくれない』東京公開日決定
緊急事態宣言を受け東京での公開を延期しておりました『葵ちゃんはやらせてくれない』の、新たな東京の公開日が2021年6月11日(金)に決定いたしました。シネマート新宿にて1週間限定で上映いたします。
劇場情報
シネマート新宿
日付 時間 場所
6月11日(金) 19:00~ スクリーン2
6月12日(土) 18:55~ スクリーン1
6月13日(日) 18:35~ スクリーン2
6月14日(月) 19:00~ スクリーン2
6月15日(火) 19:00~ スクリーン2
6月16日(水) 16:55~ スクリーン2
6月17日(木) 19:15~ スクリーン1
名古屋シネマスコーレ
5月15日[土]より5月21日[金]まで1週間限定公開!
[上映時間]16:05-17:45
大阪シアターセブン
日付 時間
6月19日(土) 19:55~
6月20日(日) 19:40~
6月21日(月) 16:50~
6月22日(火) 16:50~
6月23日(水) 16:50~
6月24日(木) 16:50~
6月25日(金) 16:50~※最終日
映画の鑑賞チケットは 上映日1週間前のAM9:00よりWEBで購入可能です。
例:6/19(土)のチケットは6/12(土)9:00より販売開始


ニュース
舞台挨拶決定!
[日時]6月12日(土)18:55の回 ※上映後
[会場]シネマート新宿 スクリーン1
[ゲスト]小槙まこ、森岡龍、いまおかしんじ監督
[入場料金]通常料金 ※各種サービス適用
[チケット販売]6/7(月)17:00~オンライン予約&劇場窓口にて販売開始


※登壇者は、予告なく変更する場合がございます。
※感染対策として、最前列は使用致しません。
※座席は、通常の50%と致します。
※ご来場の際は、マスクの着用をお願いします。発熱などの症状がる場合は、ご来場をご遠慮ください。
映画監督志望の男・信吾の前に、1年前に自殺した大学時代映画研究部の先輩だった川下さんの幽霊が彼の命日に突然現れる。川下さんが語るには、大学時代に片思いをしていた後輩・葵ちゃんとセックスがしたくて蘇ってきたのだという。川下さんの葵ちゃんとやりたいという願いを叶えるため、もしかしたら川下さんが葵ちゃんとやれる唯一のチャンスだった大学時代のあの日に、川下さんと信吾はタイムスリップする。そこには懐かしい大学時代の葵ちゃんがいた。果たして川下さんは過去をやり直し、念願の葵ちゃんとやる事ができるのか!?おかしくも、ちょっと切ないタイムスリップ・ラブストーリーが始まる。
監督は『UNDERWATER LOVE おんなの河童』『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンルの映画作品を世に送り出し『苦役列車』など脚本家としても活躍する奇才監督いまおかしんじ。
主演の葵ちゃんには多くのテレビドラマ、舞台、CMなどで活躍する新鋭女優・小槙まこ。ヒロイン葵ちゃんを切なくも爽やかに演じる。相手役の信吾には、多くの映画に出演しながら俳優、モデル、監督など多岐に渡る活動をし、NETFLIXのリアリティ番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に出演し話題を呼んだ松㟢翔平。話のカギとなる川下さんを、多数の映画に出演し、監督としても活躍する森岡龍が演じる。そのほか、伝説のミュージシャン三上寛などが脇を固める。
小槙まこ 松㟢翔平 森岡龍
佐倉絆 三嶋悠莉 増田朋弥 田中爽一郎
三上寛

監督 いまおかしんじ
エグゼクティブプロデューサー:山口幸彦 企画:利倉亮
プロデューサー:江尻健司 キャスティング協力:八巻雄介 音楽:宇波拓
脚本:佐藤稔 いまおかしんじ 撮影:田宮健彦 録音:山口勉 編集:桐畑寛
助監督:伊藤一平 ヘアメイク:五十嵐千聖 戸田萌子  衣装:乙坂知子
制作:山田剛史 製作:キングレコード 制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
配給:キングレコード 宣伝協力:ブラウニー
2021年/日本/98分/カラー/ステレオ
©2021キングレコード